借り入れ件数を解消したいなら

キャッシングする際に知っておきたいおまとめローン

キャッシングをする場合には、返済方法についてもよく考えておく必要があります。 特に、複数の業者からキャッシングを利用していると総合的な借入額が膨らんでしまうことも多いので注意しなければなりません。

複数の業者から借り入れをするということ自体は不可能ではないので、実際に利用している方は非常に多いです。 ブラックリストなどに載っていなければ3社以上の借り入れも難しくはありません。

ただ、キャッシングで借りられるのは年収の3分の1以内となっているため、この範囲内で借りられるという形になります。

気づいたら借り入れ件数がかなり増えていたという方もいますが、これを解消したいと思っているのであればおまとめローンについて検討するというのも一つの方法です。 これは、複数のキャッシング業者から借り入れした金額を他の一社にまとめるという方法です。

例えば、A社、B社、C社から借り入れをしていた場合、A社から借り入れをしてB社とC社に完済をし、その後はA社にのみ返済を行っていく形になります。 ポイントになってくるのが、金利を抑えるということです。 上記の例の場合は、B社やC社に比べ、A社の金利が安くなければ高い効果は期待できません。

複数の業者から借り入れをしているとどうしても返済スケジュールを立てるのが難しくなってしまいますよね。 それだけでなく、返済日をうっかり忘れていたということもあるかもしれません。

返済が滞ってしまうと遅延分の代金請求など様々なデメリットが考えられるので、借入件数が増えて管理が難しくなってきたと感じている方もおまとめローンを検討してみると良いでしょう。

どうしても手持ちのお金でやりくりできなくなってしまった、今持っているカードは限度額いっぱいまで使ってしまったということになると、新たな借入先を増やすことについて検討しがちですが、まずは現在利用しているキャッシング業者に増額のお願いをしてみた方が良いです。

増額が可能であれば、新たなキャッシング業者への申し込みを避けることができます。

↑ PAGE TOP