家庭用脱毛器、おすすめガイド

家庭用脱毛器、おすすめガイド

家庭用脱毛器を選ぶ前に・・・

ムダ毛は女性の永遠の悩み…というのも今は昔の話です。最近ではリーズナブルな脱毛サロンが増えて、ムダ毛ゼロなツル肌女性が急増中


ムダ毛に悩んでいる暇があったら、脱毛しちゃいなさい!と、声を大にして言いたいところですが・・・脱毛サロンい行きたくても、人よりもムダ毛が濃くて太いから恥ずかしいって方、いっぱいいますよね。サロンに通うの面倒くさいし。

そんな方にオススメなのが家庭用脱毛器です。家庭用脱毛器は、その名の通り「自宅で簡単に脱毛ができちゃう♪」今流行りの美容家電なんです。

家庭用脱毛器が気になっている方は必見!ここでは、

・脱毛器の魅力を知る
・脱毛器の種類について知る
・脱毛器の失敗しない選び方について知る


以上の3点について詳しくご紹介していきます!

家庭用脱毛器の魅力

家庭用脱毛器って正直どうなの?!使ってみたいけど、脱毛器使うなら脱毛サロンに通ったり、今まで通りカミソリの自己処理で十分なんじゃない?と、踏みとどまってしまう方も多いと思います。



ここでは、脱毛器を今すぐに!!でも使いたくなってしまうような、家庭用脱毛器ならではの魅力についてたっぷりご紹介いたします!



魅力その① 自宅で好きな時に脱毛できる

サロンに行くのが嫌な理由の第一に、ムダ毛というコンプレックスからくる恥ずかしさがありますよね。自分の濃いムダ毛を見せなくてはいけない抵抗感とか、同性とは言え他人に見られるのが恥ずかしい部分とか。

また、脱毛サロンに通う時間がない!面倒くさい!という意見もあります。女性はいつだって「遊びに勉強に仕事に」忙しいので脱毛サロンに時間を割くのが思った以上に大変なものです。

予約しても生理が来たらキャンセルして、また取りずらい予約を入れ直さなくてはなりません。家庭用脱毛器なら、自宅で好きな時に脱毛ができるので、脱毛の為に貴重な休日を空けておく必要がないのです。



魅力その② サロンに行くよりも全身脱毛が安上がり

サロンで全身脱毛と言ったら数十万は覚悟しなくてはなりません。また、場所によってはサロンへ行くのに交通費などの余計な出費がかかりますよね。家庭用脱毛器は初期費用こそかかるものの、全身どこの部位をやろうと何回でも可能。

種類によってはカートリッジの交換が必要になりますが、脱毛サロンで追加料金を支払うよりは全然安上がりに脱毛できるのです。気になるのは家庭で使用する際の電気代ですが、全身脱毛の使用でも1回につきわずか数十円ほどです。2週間に1度の使用なので一ヶ月でも100~300円ほどで済んでしまいます。


脱毛には個人差がありますので、脱毛サロンの場合だと何回通えば脱毛が完了するのかわかりません。6回で契約しても、まだまだムダ毛が沢山残っているから追加追加していくと、予定していたよりも高額な料金がかかってしまいます

脱毛器は、カートリッジの交換があるにしても、費用が倍にかかってしまうような恐ろしいことはありません



魅力その③ サロン並みの仕上がりが期待できる

ムダ毛で悩む女性の中には、ムダ毛だけでなくお肌が汚いと、嘆いている方も多いと思います。

埋没毛になって黒いポツポツが残ってしまったり、毛穴がブツブツと目立ってしまったり…。

これらは全て無理な自己処理によって引き起こされたものです。これらの肌トラブルを改善するためには、自己処理をやめて脱毛に切り替える必要があります。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛なら、ムダ毛をダイレクトに攻撃しますのでお肌に直接的なダメージを与えません。しかも、何度か脱毛をすることで、1本1本太かったムダ毛はどんどん細くなり毛穴そのものを目立たなくすることが可能なのです。

毛穴が小さくなれば、キメ細やかでなめらかなお肌も手に入ります。サロンで脱毛してきたかのようなモデル肌が家でも実現できるなんて、とっても嬉しいですよね。


 家庭用脱毛器の人気ランキング

脱毛器の種類

脱毛器と一口に言っても種類はさまざま。脱毛の効果がしっかりとあるものや、カミソリや毛抜きと同様の効果しか得られないものまで色々あります。

とりあえずムダ毛処理ができればいいから手軽さを重視するのか、絶対にムダ毛ゼロにしたいから脱毛効果を重視するのか、自分がムダ毛をどうしたいのかを明確にしておくことが大切ですよ。

ここでは、家庭用脱毛器の種類とその特徴についてご紹介致します。

フラッシュ式脱毛器

フラッシュ脱毛器はエステサロンでも主流の脱毛方法です。

フラッシュ脱毛器は、カメラのフラッシュのようなピカっとした一瞬の光を利用して脱毛します。

その光は黒い色素に反応する性質があるので、ムダ毛のある毛根目がけてダメージを与え、徐々にムダ毛を生えにくくするといった仕組みになっています。


【メリット】
・痛みが少ないのでお肌に優しい脱毛ができる。
・照射範囲が広いので短時間で脱毛ができる。
自宅でエステを受けるような美肌効果が期待できる。

【デメリット】
・レーザー脱毛器よりもパワーが弱い。

レーザー式脱毛器

レーザー脱毛器も、黒い色素に反応する特殊なレーザーを利用して脱毛していくもので、仕組みはフラッシュ脱毛器と同じなのですが、光の特徴に違いがあります

フラッシュ脱毛 → 拡散する光

レーザー脱毛 → 一方向に集中する光


本来レーザー脱毛は、医療機関でしか行うことができません。というのも、レーザー脱毛は毛根を破壊する程の威力があるため、レーザー脱毛を行うためには医師免許が必要になるのです。

家庭用レーザー脱毛器の場合、自宅でも安全に使用できるように医療機関で使われている脱毛機とは比べ物にならないくらいパワーは弱く設定しています


【メリット】
・フラッシュ脱毛器よりも効果が高い。

【デメリット】
・痛みが強い。
・照射面積が小さいので脱毛に時間がかかる。

サーミコン式脱毛器

サーミコンとは熱線式と呼ばれるもので、熱線を利用して脱毛していく方法です。熱線が表面にあるムダ毛に触れることで、燃やしてカットしていきます。

表面のムダ毛を処理するのと同時に、熱伝導が毛根付近まで届き、ムダ毛を生えにくくするように働きかけます。


【メリット】
・電気シェーバーのような手軽さがある。
・本体価格が安い。
・本体は小さく軽いので場所をとらない。

【デメリット】
・脱毛効果はほとんどない。


これら以外にも、家電量販店で購入できる毛を抜くタイプの脱毛器があります。こちらも手軽に処理ができて扱いやすいものですが、毛抜きを自動で行っているだけで脱毛効果はゼロです。

また毛抜きは、埋没毛などの肌トラブルが起こりやすく、お肌にとって最もダメージが大きい行為なので美肌を保ちながら脱毛がしたいという方には絶対におすすめ致しません

それぞれの脱毛法はどんな人に向いている?

脱毛器の種類や特徴はわかったけど、どれもメリット・デメリットがあるから、結局どれを選べばいいのかわからない・・・と言う方も多いと思います。



ムダ毛の悩みは人それぞれなので、自分に合った脱毛器を見極めることが重要です。家庭用脱毛器は決して安いとは言えない価格なので、ゆっくりと慎重に選んでいきましょう。



タイプその① ムダ毛を全て無くして、全身ツルツルにしたい!

そんな方におすすめなのが「フラッシュ脱毛器」です。上記でも述べたようにフラッシュ脱毛器は痛みも少なく、照射面積が大きいので、スピーディに脱毛することができます。

薄いけどみっちり生えた気になる産毛も、フラッシュ脱毛なら効果的に脱毛できます。

また、ムダ毛だけでなくお肌を綺麗にする美顔器機能が搭載された脱毛器や、鼻下・デリケートゾーンに使いやすいスリムカートリッジがセットになったものまでありますので、ムダ毛のない全身美肌を手に入れたい方はフラッシュ式脱毛器を選びましょう。



タイプその② 脇やVなどの気になるパーツだけ脱毛したい!

そんな方におすすめなのが「レーザー脱毛器」です。レーザー脱毛器はフラッシュ脱毛よりもパワーが強いので、脇やVラインなどの毛が濃いムダ毛に効果テキメンです。

照射面積が狭く、痛みも気になるところですが、脇やVラインなどの範囲が狭い部位ならストレスを感じることなく脱毛が可能です。



タイプその③ イベントの時だけムダ毛ゼロにしたい!

そんな方におすすめなのが「サーミコン脱毛器」です。サーミコン脱毛器は、脱毛効果こそないものの「ここぞ!」という時だけ、1回処理すればつるつる滑らかなお肌に仕上がります。

また、持ち運びが便利なコンパクトサイズなので、遊びや旅行へ持っていっても決して荷物の邪魔にはなりません。脱毛するほどでもないけど、電気シェーバー以上のムダ毛処理がしたいという方にはとっても向いていますよ。


失敗しない脱毛器の選び方

欲しくて欲しくて買ったものなのに失敗した…

という経験、みなさん絶対に一度はありますよね。


家庭用脱毛器は1台、3万円から数十万円のものまであります。

かなり高価な買い物なので、絶対に失敗は許されません

家庭用脱毛器、たくさん種類があってどれを選べばいいのかわからない。そんな方のために、ここでは失敗しない脱毛器の選び方についてご紹介いたします。全部でポイントは3つです。これさえチェックすれば「買ってよかった!」と思える快適な脱毛ライフを送れること間違いなしですよ!


ポイントその① お肌に優しい脱毛器を選ぼう

家庭用脱毛器でお肌に優しい脱毛ができると評判なのが、フラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器です。先にも述べましたが、どちらも黒い色素に反応する光を利用して脱毛していく仕組みは一緒です。


両者大きくちがう点というのが「光の性質」です。簡単に言えば、フラッシュ脱毛はカメラのフラッシュをたいたときのような「パッ」と光が拡散する特徴があり、レーザー脱毛はレーザービームを当てるような一定方向に突きさす光です。

花壇に咲いたお花に水やり
をするホースで例えると、
シャワーノズルがついたもの
がフラッシュ脱毛、
シャワーノズルなしのただの
ホースがレーザー脱毛です。


シャワーノズルで水を出すと、細かい霧のような水が放散し、花壇全体に水を与えることができます。

シャワーノズルなしのホースだと、水は狭い範囲に集中して水圧によっては土を掘り起こす可能性があります。

穏やかだけど、効率よくまんべんなく効果を行き届かせるのがフラッシュ脱毛、効果は高いけどパワーが強すぎて痛みや刺激が気になるのがレーザー脱毛です。


脱毛はたった1回だけでは何の意味もありません。2週間に一度、1~2年という長い期間かけて脱毛を行います。そして脱毛効果をきちんと感じるためには、定期的に使用することが絶対条件です。しかし、痛みが強い脱毛器ですと途中で脱毛を断念してしまう恐れがあります。ですので、痛みが心配・・・という方は、お肌に刺激の少ないフラッシュ脱毛をおすすめいたします。

ポイントその② 顔・Vラインも使える?

鼻下に生える
ふさふさした産毛
水着や下着からはみ出る
Vラインのムダ毛
女性ならすごく気になる部分ですよね。

特にVラインって場所が場所なだけに、脱毛サロンへ行くのに抵抗がある女性はほとんどではないでしょうか。


Vライン脱毛で恥ずかしい思いをするくらいなら自分で処理する!と頑なに脱毛サロンを拒む方こそ、家庭用脱毛器の出番です。

皮膚の薄い顔やデリケートゾーンは、肌への刺激が気になりますのでできればカミソリや毛抜きでの処理は控えるのがベターです。家庭用脱毛器なら、光が黒い色素のムダ毛だけにアタックするので、お肌への直接的なダメージはありません


しかし、脱毛器の種類によってはそういったデリケートな部分の脱毛を禁止しているものもあります。

せっかく家で全身脱毛したいから買おうと思ったのに、脱毛できない部分が多いのならわざわざ高い家庭用脱毛器を買う意味がありませんよね。

ここで紹介している家庭用脱毛器なら、どれもお肌や体への安全性もしっかりと確認されていますし、ほぼ全身の脱毛が可能なものまでありますので、自分が脱毛したい部位が可能かどうかひとつひとつ確認してみると良いでしょう。

ポイントその③ 安い脱毛器に騙されてない?

家庭用脱毛器もいくつか種類がありますが、メーカーによって値段はさまざまです。

3万円ほどのものから、十数万円するものまでピンからキリです。そりゃ安ければ安い方がお財布には嬉しいですし、どんなもんかと試しに安価な脱毛器を買ってみるという方も多いと思います。

しかし中には、脱毛器と謳っている商品でも電気シェーバーと同様な除毛効果しかないものだってあります。

また、カートリッジの寿命がやたらと短くて、何回も消耗品を買い直す必要があったりと、安いと思って購入したはずの脱毛器が後になって見れば、高い脱毛器以上にお金がかかってしまった・・・なんて後悔された方も少なくありません。

比較的高額な脱毛器の場合は、カートリッジの寿命が非常に長いので、消耗品にお金はあまりかかりません。リーズナブルな価格はとっても魅力的に感じてしまいますが、脱毛器を選ぶ際は、購入後にかかる消耗品などの費用についても頭にいれておかなくてはなりませんよ。



家庭用脱毛器で失敗しないためには、以上の3つのポイントを念頭に置いて選びましょう。ここで紹介しているランキング上位の脱毛器は、そういったポイントを全てくぐり抜けた高品質で良心的な脱毛器です。


 家庭用脱毛器の人気ランキング

脱毛の効果を高める3つのポイント

脱毛器を使っても効果をあまり感じなかった…という声を聞いたりして不安に思っている方も多いと思います。

脱毛器の種類によっては、確かに脱毛効果が薄いものもありますが、そう感じているほとんどの方は、脱毛器の力を最大限に利用できていないということが原因として大きいのです。

ここでは、脱毛の効果を高めるための3つの方法についてご紹介致します。

・保湿ケアを徹底する
・紫外線に気を付ける
・毛周期に合わせて脱毛する


方法その① 脱毛の敵は乾燥肌?保湿ケアが大事!

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛の光は、毛が通り道となって毛乳頭にダメージ(熱)を与えます。その熱を毛乳頭までダイレクトに届けるためは、毛を覆っている皮膚が十分に潤っていなくてはならないのです。



また、お肌の水分が保たれていると、熱に対して強くなりますので、刺激や痛みを緩和する効果もあります。痛みを感じにくかったら、出力(光の強さ)レベルも高くすることができるので、脱毛効果はよりアップするでしょう。

もしも乾燥しているお肌のまま脱毛に臨んでしまうと、肌トラブルを起こすリスクを高めてしまいます。

というのも、肌の乾燥というのは角質層に隙間ができている状態です。隙間があると、水分がそこから蒸発しやすくなってしまいますので、より一層乾燥肌が進んでしまうのです。


乾燥していると、お肌本来が持つバリア機能が低下してしまい、少しの外的刺激でも肌トラブルに発展しやすくなってしまいます。乾燥は脱毛器の効果を弱くしてしまうだけでなく、しわなどの老化現象も招く原因となるので、常日頃から保湿を意識して全身ケアするようにしましょう。

方法その② 脱毛中の日焼けは厳禁です!!

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、黒い色素に反応する特殊な光が毛乳頭に熱を与えることでムダ毛を生えなくするという仕組みです。

肌が白いから人よりもムダ毛が目立って嫌…と、悩んでいる方も多いと思います。

しかし、こうした色白の方の方が黒い色素(=ムダ毛)は際立つので脱毛器は反応しやくなるのです。つまり脱毛効果が高くなるということです。


脱毛サロンや脱毛器は日焼けしたお肌は脱毛が禁止されています

それは、日焼けしてお肌が黒くなってしまうとムダ毛だけに限らず黒いお肌まで熱を与えてしまう恐れがあるからです。そうなると肌がダメージを受けますし、光のパワーも分散されて脱毛効果が薄くなってしまうのです。


また、日焼けしたお肌は熱を持っていますよね。いくら保湿ローションでペタペタ冷やしたとしても、なかなか乾燥状態からは避けられません。

先にも述べたように、こうした乾燥肌のときに脱毛をしても思わぬトラブルに繋がったり脱毛効果が半減してしまうので脱毛中の日焼けは絶対に気を付けなくてはなりませんよ。


方法その③ 脱毛と毛周期の関係って?

脱毛するに当たって絶対に知っておかなくてはならないのが、この「毛周期」です。

効果的に脱毛する為には、ただやみ雲に脱毛回数を重ねればいいというものではありません。

どこの脱毛サロンでも、脱毛前のカウンセリング時に必ず「毛周期」についての説明があります。

ここでは、「毛にも周期があるんだ~」てことが何となくでもわかってもらえるように「毛周期」について簡単にご説明いたします


私たち女性の敵である「ムダ毛」には、3つの成長サイクルがあります。

●成長期
毛根からどんどん毛が伸びる段階で、私たちが今見えている体毛がこの成長期に当たるムダ毛です。

●退行期
毛の成長がいったんストップして、ムダ毛が自然に抜け落ちるまでの期間です。

●休止期
毛の寿命が終わり、毛が抜け落ちる期間です。


こうした段階を経て、毛は生まれ変わりを繰り返しているわけなのですが、ムダ毛が自然に抜け落ちているなんて実感できませんよね。

それもそのはず、今見えているムダ毛(成長期)は全体の3分の1といわれており、それが全て抜け落ちたとしてもお休みしていた休止期の毛穴から、次々に成長期に突入したムダ毛が生えてくるのです。


黒い色素に反応して脱毛する仕組みのフラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、しっかりと毛根まで結びついた状態の成長期のムダ毛に対して行うのが最も効果的なんです。ですので、毛根を全て処理するためには、成長期にあたるムダ毛(時期)を狙って何度か脱毛を繰り返し行う必要があるわけなのです。


脱毛サロンの場合、毛周期は2~3ヶ月と言われていますので、だいたい2ヶ月に1度の頻度で通う方が多いですが、脱毛器の場合は2週間に1度の処理を推奨しております。

退行期や休止期にいた毛が「全て」生え揃うまでに2~3ヶ月要すということなので、効率的に脱毛したいお店側としては最低でもこのくらいの間隔が必要になるのです。

一方の脱毛器の場合は、「全て」生え揃うまで待たずに、「少しでも」生え揃ってきたら小まめに処理しちゃおうと言った感覚なので感覚が短くてもOKなのです。家庭用脱毛器で使用する際は、これらの方法を踏まえた上で効果的な脱毛を行うようにしてくださいね!!


 家庭用脱毛器の人気ランキング

更新情報

copyright 2012 家庭用脱毛器、おすすめガイド All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。